動物の知能の発達

動物の知能は桁外な可能性あり

弱肉強食と動物の知能

弱肉強食とは強い者が弱い者を食べて生きていく事ですが、そのためにはそれなりに知能が備わっている必要があります。集団で追いつめて狩る者、擬態して狩る者など様々ですが、頭が良い種類ほど考えて獲物を狩るようになります。同じ動物という分類に分けられていても力こそ違えど、ライオンと人間では差があります。また、頭が良いと言われる種類ほど遊ぶという行動を行うと言われています。狩りのシーンをテレビでよく見かけるからか一見、力が物を言わせるような世界に見えてしまいますが、きちんと考えた動物の知能の高さが勝負を左右しています。

想像以上に高い知能を持つ動物

動物の知能はどれくらいなのか、疑問に感じる人は少なくありません。賢いように思えて、迷子になることもあります。個体にもよりますが、一般的には三歳程度の子供と同じくらいです。人が話す言葉を理解することはできなくても、語調や雰囲気で察することができます。飼い主の表情を感じ取ることもあります。動物とはいえ、人の悲しみや喜びを感じ取ることができるため、想像以上に知能は高いと言えます。感情が豊かである程度の思考を持っているため、過ごしやすく良い環境を整えることが大切です。食事や水分、また運動させるだけでは足りません。

動物とその知能の情報

↑PAGE TOP